慶應カード
紛失・盗難時の連絡先
慶應カードトップ
塾員の方
塾生の方
よくあるご質問
資料請求・ご入会について

ホーム > 慶應カードblog > ワクチン接種

慶應カードblog

慶應カードblog

最近のエントリー

正に梅雨ですね。

ワクチン接種

2021年茅の輪

2021年梅雨入り

カテゴリアーカイブ

Information(106)

shop(10)

campaign(20)

diary(131)

Partner_Shop(23)

premium(12)

月別アーカイブ

2021年7月(2)

2021年6月(4)

2021年5月(4)

2021年4月(5)

2021年3月(4)

2021年2月(4)

2021年1月(4)

2020年12月(4)

2020年11月(3)

2020年10月(5)

2020年9月(4)

2020年8月(3)

2020年7月(5)

2020年6月(4)

2020年5月(1)

2020年4月(1)

2020年3月(3)

2020年2月(4)

2020年1月(4)

2019年12月(4)

2019年11月(4)

2019年10月(4)

2019年9月(4)

2019年8月(4)

2019年7月(4)

2019年6月(4)

2019年5月(3)

2019年4月(2)

2019年3月(2)

2019年2月(5)

2019年1月(3)

2018年12月(3)

2018年11月(4)

2018年10月(2)

2018年9月(4)

2018年8月(4)

2018年7月(3)

2018年6月(1)

2018年1月(1)

2017年10月(1)

2017年8月(1)

2017年5月(1)

2017年4月(1)

2017年3月(2)

2017年2月(1)

2017年1月(2)

2016年12月(3)

2016年11月(2)

2016年10月(1)

2016年9月(2)

2016年8月(3)

2016年7月(3)

2016年6月(2)

2016年5月(4)

2016年4月(2)

2016年3月(2)

2016年2月(1)

2016年1月(1)

2015年11月(2)

2015年9月(1)

2015年8月(2)

2015年5月(3)

2015年4月(1)

2015年3月(1)

2014年12月(3)

2014年10月(1)

2014年9月(3)

2014年7月(1)

2014年6月(1)

2014年4月(1)

2014年2月(2)

2013年12月(2)

2013年11月(4)

2013年10月(3)

2013年9月(3)

2013年8月(1)

2013年7月(2)

2013年6月(1)

2013年4月(3)

2013年2月(1)

2012年12月(1)

2012年11月(1)

2012年10月(2)

2012年9月(1)

2012年8月(2)

2012年6月(4)

2012年4月(1)

2012年3月(2)

2012年2月(6)

2012年1月(2)

2011年12月(4)

2011年10月(1)

2011年9月(1)

2011年8月(1)

2011年7月(2)

2011年6月(4)

2011年5月(1)

2011年3月(6)

2011年2月(1)

2010年10月(1)

2010年6月(1)

2010年4月(1)

2010年2月(1)

2010年1月(1)

2009年12月(5)

2009年11月(6)

2009年9月(1)

よくあるご質問
オンラインショップ
協力店検索

慶應カードblog

ワクチン接種

2021年07月02日
※このページに掲載されている情報は、掲載日時点の情報です。

こんにちは。慶應カード事務局です。

三田キャンパスのメディアセンターを囲むように並んだテントと、そこに並んでいる人たち。

ワクチンテント (人並び) (1).jpg


テント (2).jpg

こちらはワクチン接種を受ける人が並ぶためのテントとなっています。

ワクチン接種看板南門.jpg

職域接種が始まって2週間。
慶應義塾では医学部や看護医療学部を卒業した塾員の方にも呼びかけて、接種の準備を進め、
塾生、教職員が利用しやすい予約システムも構築して、スムーズに手続ができるようになっているようです。

https://www.keio.ac.jp/ja/news/2021/6/10/27-80614/

ワクチン接種はもちろん強制ではありませんし、
ワクチンを打ったからといって、イベントや集会、旅行などが全く自由になるわけではありません。

でも、この接種が進むことによって、感染や重症化リスクが減ること、
そして何より塾生たちにとって対面の授業やサークル活動などが少しずつでも可能になるというのは、
とても重要なことだと思います。



↑このページのトップへ